Rioでじゃねーど

駄洒落です。

重力波 中性子星とブラックホールの合体 初観測か?

Rioでじゃねーどの時間です。 

とんでも~!なニュースが入って来ました!

時事ドットコム←こちらのニュースです。

中性子星ブラックホールの合体により生じた重力波を初めて観測した可能性がある。

・米国とイタリアにある観測装置を運用する二つの国際チームが、今月3日までに合同で発表した。

・地球から12億光年程度離れた所から到来したとみられるという。

マジですか?

 

ちょうど中性子星について調べていたところで、わかりやすく書けそうかも?と思っているところでした( ´△`) 遅かった・・時は金なり?

 

〈目次〉

簡単に「中性子星」って何?

冬の星座「オリオン座」の一等星で赤い星、ベテルギウスという星があります。星の一生の晩年を迎えています。

これが超新星爆発を今日か?1カ月後か?100年後か?起こすかもしれないのですが、爆発後中性子星になると言われています。

ベテルギウスは矢印のところです。

f:id:ballooon:20190506164518j:plain
作者:ライコさん(フォト蔵)・・フォト蔵に新規登録しました。

 

中性子星ブラックホールの次にヤバい星で、質量が太陽と同じでも直径20km程度という高密度な異常な天体です

 

重力波って何?の詳しい説明は、また今度にします(マンガの解説を見つけましたので、勉強しま~す^^;)

ーーー過去を振り返ってみますーーー

重力波ブラックホール

2017/8/14 ブラックホール同士の合体によって時空が揺れる重力波が検出されました。私の過去記事を参照します。

・今回、アメリカのLIGO(ライゴ)」2基*1と、イタリアの「Virgo(ヴィアーゴ)」*2の合計3基がほぼ同時に、重力波を検出することが出来ました。「Virgo」での重力波の検出は初めて。

・詳しい位置情報などを精査し、9月下旬に正式に発表がありました。

このブラックホールの合体は、太陽質量の約31倍+25倍=53倍のブラックホールでした。残り3倍分は重力波エネルギーとして放出されて、地球に届いたのです。

・地球から約18億光年離れた場所の出来事でした。

・ここより→ブラックホール同士の合体ーGigaziNE

この後、アメリカの物理学者3名がノーベル物理学賞を受賞しています。

 

また、アメリカではすでに、3回のブラックホール同士の合体による重力波を観測していました(初観測は2015/9/14→2016/2月に発表)。

 

重力波を検出する装置はどでかい ↓

f:id:ballooon:20190506172654j:plain
著作:LIGO Laboratory アメリカのパブリック・ドメイン画像

 

重力波中性子星

ここで一旦、日にちを遡ります。8/14から3日後のこと。

2017/8/17に観測された重力波は、世界の専門家たちの一番の念願だった、中性子星同士の合体爆発の初観測ではないか?と湧き上がっていました。

 

ノーベル賞受賞後に「中性子星の合体爆発」と発表がありました。

natgeo.nikkeibp.co.jp

 

爆発した後、貴金属を大量放出したらしく

金とかプラチナなどを地球1万個分放出したそうです。元素の重い金属類の生成の証拠となりました。

これは、1億3000光年離れているところで起きたと判明しています。

また中性子星同士が合体爆発すると、その後すぐにブラックホールになると言われています。 こっちのニュースの方が貴重だったのですが、ノーベル賞に負けたかも?

ーーー過去振り返り、おわりーーー

 

そして今現在は

Gizmodoジャパンによると、これまでブラックホール同士の合体は10個、中性子星同士はひと組という状態のようです。

そして今回新たに、中性子星ブラックホールの合体

これは面白いです!続報を待とうと思います。

 

最後までお付き合いくださって、ありがとうございました。

( ゚д゚)ノシまた見てね~/Rio

*1:ワシントン州ルイジアナ州

*2:ピサ近郊に設置されている