Rioでじゃねーど

駄洒落です。

重なりあったいくつかの世界

Rioでじゃねーど、です。

みなさんは見た夢を覚えていますか?

私には、幼なじみの女の子がいまして・・
遠い田舎にいるので、今は滅多に連絡を取らなくなりましたが、仮にその幼なじみをなっちゃんとします。
なっちゃんはえくぼが出来て、色白でとても可愛いイタズラの天才でした。いつも一緒に遊んだものです。
なっちゃんにはお姉さんがいて、なっちゃんとの間に、お兄さんもいたそうですが赤ちゃんの時になくなったと子供の頃に聞かされました。

私はこのことをすっかり忘れていました。

 

---------1年以上前の不思議な夢のお話------------------------- 

私は4、5歳で、しかも男の子です。
いつものように、近くに住んでいるなっちゃんと遊ぼうと出かけました。なっちゃん?と思ったらなっちゃんも男の子でした。
「あれ?」と思いつつ、なっくんと呼ぶとしてとにかく遊びます。
竹馬の友は明るくて、楽しい遊びを考える天才でした。

 

ある日、なっくんの家付近で大きな事故が起きました。
数件を巻き込んだ爆発事故のようでした。
なっくんの家でやっている(近くにある)工場が原因だとわかりましたが、小さかった私は詳しいことまではわかりませんでした。

 

それまで太陽のように明るかったなっくんは、しゃべらなくなり外で遊ぶこともなくなりました。
私は一生懸命なっくんに話しかけたりしますが、うまくいきません。そして小学生に上がった頃、転校していきました。

 

この時、私はものすごく心の中でお願いをします。『あんな事故が起きなければいいのに!なっくんの家のせいじゃなきゃいいのに』と

 

ー場面は変わりー

私は高校生になりました。音楽活動をしていてあるバンドに入っています。
プロデビューの話があがりますが、ギターが抜けたことから、他にギターを上手に弾く仲間を探していました。
なっくんが隣町でギターをやっていることを聞きつけ、久しぶりに会いにいくことにします。

 

会ってみると、なっくんはものすごくギターが上手だったのです。
一緒にバンドをやろうと誘いました。なっくんはうなずきます。

 

ヒャ~わわわ~世界が?あ~れ~@@;

f:id:ballooon:20190803164121j:plain

@@@こんな感じのちょっと違うバージョンを2回ほどみて・・@@@

 

気がつくと、私はまた4、5歳になっていました。やはり男の子です。幼なじみのなっくんもいます。

なんとこの世界では爆発事故が起きませんでした。
(この時『やった!』という思いがありました)

 

2人は楽しく子供時代を過ごしますが、やはり家の都合でなっくんは転校していきました。
そして高校生になり、バンド・デビューのくだりは一緒です。
私はギタリスト求めて久しぶりになっくんに会いに行きました。

 

なっくんは、のんびりした優しい子に成長していました。ギターもやっていて、その街の数人とバンドを組んでいたようですが・・

とても上手とは言えず・・自分のバンドに引き抜くことは出来ませんでした。(偉そうなこの私はいったい誰?)

 

そして、この時に「えっ?」と思う自分がいるのです。
身勝手な気持ちが湧いてくる自分がいました。それを打ち消すように「いやいや、事故がなかったのは良かったことなんだ、きっとこれでいいんだ」と思う自分も・・

 

この辺りで目を覚めました。

これも一種のパラレルワールドですよね?時に夢は違う世界とつながっていて、その扉が開くのかもしれません。

  

現実のなっちゃんの家も小学生の時に転校しているんです。

そして思い出したことが、もう一つ。
お姉さんがいて、その後男の子を授かったなっちゃんの家では、男の子が亡くならなかったら、なっちゃんは産まない予定だった。と子供の頃に聞きました。

なっちゃんと大の仲良しだった私は、なっちゃんが生まれて良かった~と、思ったけれどなんとなく言葉に出したらいけないな?と思ったのでした。

 

最後までお付き合いくださって、ありがとうございました。

みなさんも暑いけれど、しっかり寝て良い夢を見てくださいね~。ってかこれって悪夢かも?

/りお