Rioでじゃねーど

駄洒落です。

音のない宇宙をサウンド化したものを聞く (追記:「コーラス波」について)

Rioでじゃねーど、でっす!

今日のテーマはこちらです。

f:id:ballooon:20190805194850j:plain
クレジット:NASA 

ソースはこちらです。

www.businessinsider.jp

地球の周りの宇宙空間は真空です。

真空で音は聞こえるのでしょうか?こちらのサイト←によると

音は、音を出すものの振動が空気などの物質をふるわせ、波(音波)となって伝わる。その音波が耳に届いて鼓膜をふるわせることで、音として聞こえる。音の振動を伝える物質がない真空中では、音は聞こえない。

ということで、真空の宇宙では音は聞こえません。

 

NASAの科学者たちは、電波、プラズマ波、磁場など人間が感知できない信号を時々、音声データに変換しているのだそうです。

これは「データの可聴化(データ・ソニフィケーション)」と呼ばれる手法で、遠く離れた宇宙空間で惑星、月、彗星などの周りを飛ぶ探査機の様子を「聞く」ため

 ということで、さっそく聞いてみましょう。

 

1.ケプラー宇宙望遠鏡:Star KIC12268220Cの明るさの変動を音に変換
(7秒)

soundcloud.com

クレジット:NASA

ケプラー宇宙望遠鏡によって「恒星KIC12268220C」のとして記録されたものを音にしたもの。

 

2.土星探査機カッシーニ土星からの電波(19秒)

soundcloud.com

クレジット:NASA

土星探査機カッシーニによって捉えられた、地球のオーロラに似た現象。土星から放たれた電波を音にしたもの。

 

3.木星最大の衛星ガニメデ(59秒)

soundcloud.com

クレジット:NASA

 

4.ハッブル深宇宙画像の超音波処理(32秒)

soundcloud.com

クレジット:NASA

 

後半2つはうまく説明出来ませんでした。

全部載ってるのはこちら ↓ 27個の宇宙の音があります。

https://soundcloud.com/nasa/sets/spookyspacesounds

 

以前、書いた「コーラス波」についての記事はこちらです。

ballooon.hatenablog.com

 

最後までお付き合いくださって、ありがとうございました。

(コメント欄の表示を上下反対にしました。)

/りお